カテンベ救済ライブ
ハランベー・ライブ

スローミュージックの若林忠宏さんによる
アフリカンポップス弾き語り


ハランベーとは、スワヒリ語で「助け合い・カンパ・寄付」などを表す言葉
たとえば 学校を作るにもハランベー(寄付)で建て、子どもの学費が足りなければハランベー(カンパ)し、もちろん病気などもハランベー(助け合い)です

ハランベーの輪を、日本に広げたい
かつて誰もが蓄えもなく助け合って生きてきた頃を、思い起こしたい


そんな思いに、スローミュージック提唱者・民族音楽演奏家の
若林忠宏さんが答えてくださいました。
アフリカ各地に伝わる歌からポップスまで、
人々に親しまれている音楽を紹介していただきます。

日時 2006年4月9日(日)午後2時より
場所 「瓢鰻亭・ひょうまんてい」ギャラリィ
福岡県京都郡豊津町326-1
参加費 大人1500円 子ども無料
主催 有機音楽共同購入組合
問い合せ しらいわ(shiraiwa824@ocn.ne.jp)まで
電話:0979-52-3099(当日090-8223-6837)


<若林忠宏さんのプロフール>
タモリクラブなどテレビ・ラジオ出演多数。
著書に「スロー・ミュージックで行こう」(岩波書店)
「世界の民族音楽辞典」(東京堂出版)など多数
尚、ライブ出演料をハランベーくださいました。
ライブ収益のすべて「アマニ・ヤ・アフリカ」を通じて、
治療の必要な子どもの医療費にあてられます(文責・白岩)

※アマニ・ヤ・アフリカは、ケニヤの子どもたちを支援する非営利団体です
※有機音楽共同購入組合は、命ある音=有機音楽を普及する活動をしています

[PR]
by keep_music | 2006-03-09 09:09 | イベントのお知らせ
<< 経過報告2006年3月10日 透析を受けるカテンベ >>