カテンべ救済基金会計報告
早川千晶

カテンベ腎臓移植基金の設立にあたって
カテンベの紹介


●2006年3月27日付け会計報告

募金目標金額         14,526,365円
募金金額合計          1,499,175 円 + 7,000ksh
3月18日までの支出合計   1,021,193円

(各項目の明細についてはウペポHP内の会計報告をご参照ください)

*****************************************************

カテンべ救済基金にご協力くださいまして、ありがとうございます。

ショックなことがありました。今後かかってくる費用の明細を記載した正式文書が欲しいとムウォンゲラ医師にお願いをしていましたが、そのレターができてきました。
すると、これまで、口頭の話では、「手術後に必要な薬代は月に1万5千シリング」だと何度も言われていたのにもかかわらず、レターには、月額4万シリングと書かれていたのです。
青ざめて、詳しく聞いてみたところ、なんでも、手術後に飲まなければいけない「適合性を高めるための薬」は、一生とりつづけなければいけない薬だそうですが、その量は手術後にどの程度適合するかによって変わってくるので、今は概算できないということですが、だいたい月額4万シリングかかるのが普通だということでした。
「それなら、最初に言っていた、月額1万5千シリングというのはなんだったの?」と聞いたところ、「それは、少なくてすむ人の場合の金額だ。」と言いました。
それならそれで、なぜ最初からそう言ってくれなかったのかと頭にきましたが、そう抗議しても、薬の値段が変わるわけではありません。
仕方ないので、今回、会計報告の中の、「これからの支出予測」の項目を計算しなおしました。
そうすると、薬代むこう10年分を含めるとして、募金目標金額は1453万円ということになってしまいました。

途方に暮れていたところ、看護婦のビッキーさんが、良いことをおしえてくれました。薬は方法によっては安く入手できる可能性もあるということなのです。ケニアよりも、インドのほうが薬の値段が安いので、インドまでわざわざ買いに行く人も多いのだそうです。
そうすると、半年に一度、誰かがインドに行き、薬を買ってくる。という方法が考えられます。
このへん、これからもっと詳しく調べていきたいと思います。もしもこういう薬を無料もしくは安価でゆずってくれる、もしくは、薬代の一部をサポートしてくれる、というような活動をしているNGOなどがあるとしたらとてもありがたいのですが、もしも情報持っている人いたらおしえてください。

よろしくお願いします。

ナイロビより。

早川千晶
[PR]
by keep_music | 2006-03-31 10:56 | 会計報告
<< 近況報告 2006/4/7 その1 ●カテンべ救済基金、全国同時街... >>