近況報告 2006年4月27日
早川千晶

カテンベ腎臓移植基金の設立にあたって
カテンベの紹介
イベントのお知らせ
基金口座振込み先

現在、匡哉が日夜がんばってカテンベ基金のためのチャリティCDを制作しています。

キベラのマゴソスクールの子供たち、スラムの若者ゴスペルグループ・マシモニユースグループの面々も、カテンベを救うためのCDに参加することにやる気まんまんで取り組んでいます。

ミリティーニ村の「ジュンバ・ラ・ワトト(子供の家)」の子供たちは、先日、「カテンベのことが心配で、夜も眠れない。何か僕たちにできることはないの?」と聞いてきました。だから、匡哉がチャリティCDを作っているよ、と話しました。そうしたら、「僕たちもそれに参加したい!」と言って、グループを組んで歌とパーカッションの練習をはじめました。
村の長老で匡哉の師匠であり、カテンベの叔父でもあるマテラさんが指導にあたりました。
先週、匡哉はミリティーニ村に数日間だけ戻り、この子供たちの歌を録音してきました。数日間に渡り、朝から晩までひとつの曲に取り組みました。
途中でスコールが降り始めると、激しい雨がトタン屋根を打ち鳴らして、大騒音になります。そうすると録音は中断。雨がやんだらまた録音をはじめます。
こういうみんなの様子は、カテンベにもお話しているのですが、カテンベは「自分はひとりじゃない」という実感を持ちはじめていると思います。

学校がお休みの時期に入り、カテンベの妹、弟、お姉ちゃんがナイロビにやってきました。ひととき、カテンベの住まいはにぎやかになり、みんな再会してとても嬉しそうです。カテンベの闘病のために両親は忙しく走り回っていますので、まだ小さな妹や弟はさびしい想いに耐えてきていました。子供たちでいっぱいの明るい食卓は楽しいものです。

さて、兄弟姉妹5人が勢ぞろいしたので、ここでもレコーディングをしようということになりました。
カテンベが、自分も得意な歌を歌いたい、と言ったのです。
じゃ、ちょっと録音してみようか、と匡哉が言い、録音機材を持っていきました。カテンベが歌いはじめて、びっくり。カテンベがリードして、兄弟姉妹全員で、イスラムの歌を数曲歌いました。
哀愁ただよう、ちょっぴりもの悲しい切ないような旋律を、カテンベがとても美しい声で歌いました。こぶしもきいていて、目をつぶるとアラビアの砂漠が浮かんでくるようなかんじです。
実はカテンベ、こんなに具合が悪くなる前は、地元のモスクで一番歌がうまいチビッコだったのだそうです。モスクのお祭りのときなどは、ひとりでマイクを持ってたくさんの人々の前で歌い、拍手喝さいをあびて、たくさんの贈り物をもらったのだそうです。
カテンベは、匡哉に録音をしてもらって、一生懸命歌って、とても嬉しそうでした。とても充実した顔をしていました。

兄弟姉妹全員で歌う歌声を聴いていたら、私は涙が出そうになって困りました。
チャリティCDは完成までにまだ時間がかかりそうですが、どうか楽しみにしていてください。

早川千晶
[PR]
by keep_music | 2006-04-27 14:06 | 経過報告
<< 2006年4月26日付け会計報告 イベントのお知らせ >>