近況報告
今日(8月7日月曜)、夕方ナイロビ病院には冗談を飛ばすカテンベの姿がありまし
た。

午後5時過ぎ、カテンベの病室に着いたら、透析を行っているためベッドにはカテン
ベの姿はありませんでした。普段は午後1時頃から透析を開始し、3時間半くらいか
かります。だから5時ごろには居るのです。どうしたのかなとちょっと不安になりま
したが、単に透析の時間がいつもより遅く始まっただけでした(^^;)

透析を行う場所はカテンベの病室より離れたICU病棟の一角にあります。その待合室
に行ったところ、パパカテンベがいました。金曜の夜にモンバサに帰り、日曜の夜に
またナイロビに向けて出発したそうです。僕が着いた時には、椅子の上でこっくり
こっくり居眠りをしていました。

挨拶を交わし、しばらくすると、ママカテンベも綺麗なブイブイ(ムスリムの女性が
来ている黒い服です)と共に治療部屋から出てきました。

カテンベも車椅子に乗り、看護婦さんに押されて出てきました。病室に着き、ベッド
に乗るまでほんの数歩ですが、歩きます。しかし、ゆっくりと全身を庇う様に運ぶ足
取りはすごく痛そう。

透析を終えたばかりで、疲れが見えます。普段は「ウメチョカ?(疲れた?)」と聞
いても「ハパナ(いや、大丈夫)」とか「バド(まだ平気)」と返事をくれるカテン
ベですが、さすがに透析直後はぐったりとして頷くだけ。

そりゃそうです。変な機械につながれ、体内の血液を長時間に渡って浄化するのです
から。

病室に戻りしばらくしたら、ゆかさんも来てくれました。スワヒリ語の本を持って来
てくれました。カテンベも退屈をしのげそうです。

しかしながら、透析を終えたにも関わらず、今日のカテンベはいつもより元気でし
た。それは、お父さんが帰ってきて、ゆかさんも来て嬉しかったんだと思います。い
つも以上に冗談を飛ばし僕らを笑わせてくれます。

元気なのが一番ですね!

島田健太郎
[PR]
by keep_music | 2006-08-10 12:37 | 経過報告
<< 近況報告 はじめまして。 >>