マゴソスクール&カテンベチャリティーCD
大西匡哉
UPEPOアフリカの風ネットワーク
カテンベ腎臓移植基金の設立にあたって
カテンベの紹介

皆さんご無沙汰していました。大西匡哉です。カテンベのことで色々と協力していただき、本当にありがとうございます。また今後ともよろしく御願いします。
長らく制作中だったマゴソスクール&カテンベチャリティーCDがついに完成します。



去年の11月にレコーディングをはじめてから約10ヶ月。現在制作は最終段階に入っており、日本で福井豊氏による最終ミックス及びマスタリングがおこなわれています。
収録曲は全16曲。以下明細です。

Title - MILELE  ミレレ
Magoso School and Mashimoni Youth Group  マゴソスクールとマシモニユース

Songs from Kibera  キベラスラムからの歌声 

1.O Yesu       オー・イエス
2.Bwana Ametoa   求める者は与えられる
3.Tembea Na Yesu   イエスと共に歩こう
4.Bwana Asifiwe 神を讃えよう!
5.Kando Ya Bahari   湖のほとり
6.Bwana Jemedari   最高の人
7.Moto Umewaka    火は燃えている
8.Kimbilio Wangu   私の隠れ家
9.Bwana Ainuliwe イエスさま大好き
10.Simbi Nyaima シンビ村が沈んだ
11.Nalem        ナレム
12.Vumilia        忍耐
13.Sikitiko Kubwa    大きな悲しみ
14.Nyoyo        心
15.Humble Yourself Before the Lord  神の前に真摯であれ
16.Twende Mbio Mbio  びゅーんと飛ばしていこう

●Percussion
Ali Bati Athumani
Masaya Onishi
*Magoso Percussion Team
Tony(Class 6),Eric(Class 4)
Rollines(Class 3),Oscar(Class 3), Kivisha(Class 3)
●Guitar&Bass
Masaya Onishi
●Keyboad
Yutaka Fukui
●Singers *Soloist
Ephy, Emitea, John, Phostine, Agnes, Apiyo, Janet, Norah, Tony, Katembe, Elizabeth
*Mashimoni Youth Group
Soprano: Lillian Mito, Phostine Ochieng, Janet Ochieng
Alto: Nehema Onyango, Everlyn Aluoch
Tenor: Harison Okoth, George Oketch, John Onyango
Bass: Joseph Odero, Duncan Bole, Mika Ouma
*Magoso Teachers - Ogira, Kevin, Everlyn, Miriam, Mama Agi, Mama Chuchu, Naomi
*Katembe family - Masika, Bakari, Amina, Mejira

Produced by JIWE http://orio.jp/jiwe/
Recorded and edited by Masaya Onishi
Mastered by Yutaka Fukui
Photo/Text by Chiaki Hayakawa
Designed by Yosuke Nonaka

Recorded in Kibera Slum
Copyright magoso school 2006


14曲目の「Nyoyo 心」はカテンベとカテンベの兄弟たちが歌ったイスラムの歌です。
その他の曲のソロを歌っているエフィやトニー、アグネス、アピヨたちは現在カテンベの生まれ育ったミリティーニのジュンバラワトトで暮らしており、カテンベもこのジュンバラワトトで皆と一緒に勉強したりご飯を食べたりしていました。
このCDはそもそも、キベラスラムの厳しい環境と条件の中で暮らしている子供たちにとっての救いの場となっているマゴソスクール(早川千晶とリリアンワガラの共同運営)をサポートするために作り始めたものでしたが、カテンベの回復を願うマゴソやジュンバラワトトの仲間たちの想いと重なりあい、一部をカテンベ基金に還元することになりました。

また、今回のレコーディングにはミリティーニから太鼓名人のバーティが参加しており、
切れのある鋭い演奏を聴かせています。その他のギターとベース、パーカッションは大西匡哉、キーボードに福井豊が参加し、キベラの歌声に彩りを加えている。またジャケットデザインは野中陽介氏が担当し、すばらしいイラストを完成させました。
解説及び歌詞対訳には千晶さんが、それぞれの曲のソロイストのバックグラウンドにまで深く踏み込んで、キベラでの生活の厳しさや、その中でたくましく生きる人々を鮮やかに伝えています。

スラムという限られた条件の中で、マイクロフォン片手に何日も歩き回って作った前作Twende Nyumbani も忘れがたい作品ですが、今回の作品は、歌い手それぞれの声や個性をリアルに伝えるとてもいい作品に仕上がったと思います。
このCDが一人でも多くの人々に楽しんでいただくと共に、今後継続してカテンベの医療費及びマゴソスクールやジュンバラワトトの運営をサポートしていけるよう願ってやみません。

皆さんよろしく御願いします。

大西匡哉
[PR]
by keep_music | 2006-09-04 14:53 | チャリティーグッズ
<< 近況報告2006年9月4日 近況報告(カテンベの村での家族... >>