近況報告2006年10月24日
早川千晶

カテンベ腎臓移植基金の設立にあたって
カテンベの紹介
基金口座振込み先
UPEPOアフリカの風ネットワーク

1ヶ月の日本ツアーを終えて、ケニアに帰ってきました。

今回の日本ツアーでは、カテンベ救済への呼びかけもさせていただきながら日本各地を回りました。ご協力くださいましたすべての皆さんに心から感謝です。そして、一緒にツアーの全行程を回ってくれた近藤ヒロミさん、横浜でのハランベーライブを主催してくださったきむくんと横浜ハランベの皆さん、チャリティで出演してくださったアーティストの皆さんやスタッフの皆さん。街頭募金に一緒に立って声をからして泣きながら呼びかけてくれたみんな。イベント会場でチャリティグッズの販売を手伝ってくれたみんな。カテンベ募金の日本窓口を引き受けてくれている上に、今回の日本ツアーでも車の運転から物販から何から何まで手伝ってくれた輝君。車を貸してくれたり、寝床を提供してくれたりしてくれたみんな。ほんとに名前をあげていたらきりがないくらい、たくさんのたくさんの皆さんに助けていただきました。心から感謝です!ほんとにほんとにありがとうございました。

今回の日本ツアーで集まったカテンベ募金の合計は 
788,389円 と US$ 300 と 1796ksh
ポストカードやキーホルダーなど、チャリティグッズの売り上げは 179,400円

この全部の合計は、
967,789円 と US$ 300 と 1796ksh

となりました。
本当にありがとうございました。

この大切なお金を持って、私は10月20日にケニアに帰ってきました。
その他、通常のカテンベ基金の日本窓口、アマニ・ヤ・アフリカのほうに振込みいただいていた分も含めて、近日中に最新の会計報告をブログにUPしたいと思います。

10月23日(月)に、匡哉と緊張しながらこの大切なお金をケニアシリングに両替しに行き、病院に手術費用のデポジットの払い込みをしてきました。すべてのお金を合わせて、ギリギリ、手術費用のデポジットに間に合いました。本当にギリギリでした。間髪セーフというかんじです。本当に皆さんのおかげです! これで何とか、10月26日(木)に腎臓移植手術を受けることができます。

この手術のあと、カテンベは一生、拒絶反応を抑える薬を飲み続けなければならないし、一生を通じて医療費がかかります。これまでの入院費の未払い分があと30万シリング(約50万円)残っており、これを支払わないと退院をすることができないため、このお金もこれから何とかしなくてはならないのですが、とにかく急を要するのは手術費用でした。とにかく10月26日に手術を受けるための費用の支払いを間に合わせることができて、本当によかったです。今はひたすら、手術の成功に向けて気持ちを集中させたいと思います。そのあとのことは、追い追い考えていきたいと思います。

カテンベは、匡哉と私がいない間のこの1ヶ月を、本当によくがんばって乗り切りました。とても寂しかったと思うけれど、私たちがなぜ日本に行くか、その意味も彼はとてもよく理解していました。だから寂しくても弱音を吐かずにがんばっていました。私たちが留守中には、ナイロビに留学中の広永智子ちゃんが毎日のように遊びに行ってくれて、カテンベを励ましてくれました。智ちゃんに感謝です! 

私たちが留守をしていた一ヶ月の間に、カテンベはとても体力をつけていました。運動もがんばっていたみたいです。風邪をひかないように細心の注意を払い、栄養をつけて、体操しながら手術に備えてがんばっていてくれました。今ではゆっくりだったら階段を上り下りすることもできるようになりました。昨日は匡哉を車椅子に乗せて、それを押して、あっち行ったりこっち行ったりして笑っていました。

昨日、病院で匡哉とカテンベと私とでぼーっとしているとき、カテンベが、「10月に手術をして良くなるのだと神様が言ったんだ。だから僕は手術は10月になると知っていたんだ」と突然、言いました。「10月じゃなきゃダメだったんだ。それより早くても無理だったんだ」と言います。

実際、7月のはじめから体調を崩して危険な状態になり、その後、8月、9月とずっと体力が回復せず、血液検査の数値も悪くて心配していました。今、見違えるようにパワーアップしたカテンベの姿を見て、これが手術の時期としてはベストのときだと確信しました。3ヶ月の入院生活はつらかったと思うけど、手術のためにベストのコンディションに持っていくことができてほんとによかったです。

お母さんも、とても落ち着いた精神状態で、良い笑顔を見せています。今日はラマダン明けのお祝いの日ですので、そのお祝いをしてから手術にのぞめてよかったです。

さぁ、いよいよ手術だ!と、カテンベは指折り数えています。
「手術まで、あと何日。」というかんじで。やる気まんまん、です。
がんばるぞ!という意気込みが、カテンベの笑顔から伝わってきます。これは絶対に成功すると私は信じています。

10月26日木曜日のナイロビ時間午前8時に手術開始です。私たちはその日、午前7時にカテンベに会わせてもらい、それからカテンベとお母さんは手術室に向かいます。ナイロビ時間午前8時は、日本時間の午後2時です。どうか皆さん、祈っていてください。

どうかよろしくお願いします。

カテンベが元気に走り回れる日が来ますように! みんなで心に思い描いて、力を送ってください! よろしくお願いします!

早川千晶
[PR]
by keep_music | 2006-10-26 14:15 | 経過報告
<< 近況報告2006年10月25日 イベントのお知らせ >>