会計報告2006年11月3日 
早川千晶

カテンベ腎臓移植基金の設立にあたって
カテンベの紹介
基金口座振込み先
UPEPOアフリカの風ネットワーク

10月26日付けの会計報告をまとめました。
これにより、10月26日現在での募金残高は、約110万円となりました。
これは、腎臓移植手術にかかる費用(デポジット)をナイロビ病院に支払ったあとでの残高です。



実際にいくらかかったかは、カテンベの退院時点でわかります。退院時には、これまで病院に納めているお金から、実際にかかった費用の総合計が引かれ、残金がある場合は現金で返金されます。もしも足りなかった場合は、足りない分を支払ってからでないと退院ができません。
10月23日(手術直前)時点で、ナイロビ病院のカテンベのアカウントをチェックしたところ、それまでの入院でかかっていた費用の合計が、それまでに納めていたデポジットよりも30万シリング超えていました。ようするに、手術直前時点では、病院に対しての未納分(ツケ)が30万シリング(約50万円)あった、ということになります。
その後、病院が求める手術費用デポジットをその同じアカウントに入金しました。
そのため、おそらく、退院時の収支としては、赤字になっているだろうと思われます。現時点での基金の残高が、約110万円ありますので、これがあれば退院時の赤字の支払いはまかなえるであろうと思っています。
しかし退院以降の医療費、薬代を、これから何とかせねばなりません。
現在の残高、約110万円から退院時の支払いをしたあとは、おそらく、数ヶ月の医療費、薬代、母親を含む家族が村に帰るまでの生活費は何とかなるかと思いますが、おそらくこの「数ヶ月」というのは持って4ヶ月くらいではないかと予想します。今から4ヶ月間というと、2月頃です。
腎臓移植手術のあとは、退院してもしばらくは頻繁な通院が必要なことと、免疫抑制剤も大量に取らなければなりません。拒絶反応の波がやってくるのが手術後に何度か展開があるそうですが、特に注意しなければならないのは、手術後1~2週間、3~8週間、3ヶ月、と、安定しているように見えても状態が急変する転換期のようなものが何度もやってくるそうです。その後、状態が安定してくるにつれ、免疫抑制剤の量を減らしたり、普通の生活に安定していくことができるそうですが、それはすぐのことではなさそうです。
今後、カテンベが生きていくために一生かかってくる薬代と医療費の概算については、状態が安定しなければ現時点では何とも言えませんが、ムウォンゲラ医師から説明されていることとしては、免疫抑制剤の薬代は一ヶ月で10万円から15万円くらいかかる覚悟でいたほうがいい、ということです。これは、状態によって量が変化するそうですので、最高量としてこの金額、うまくいけばこれよりもだんだんと安くなるということだそうです。通院には、1回につき約3500円の診察料がかかります。これを最初は週3回だそうです。これも状態に応じて、だんだんと回数を減らしていくことができるそうです。
以上のような事情ですので、今後のことをどうしていくか、早急に考えて体制を整えていかねばなりません。今はひとまず、手術が無事終わり、経過もよく、第一段階をクリアできたということだと思います。今日は手術後9日目です。ほっとしたのもつかの間、というかんじですが、これからのこと、どうかまた相談に乗ってください。よろしくお願いいたします。
毎日めきめきと元気になっているカテンベの姿を見ていると、2月から今までのことが本当に奇跡のようであったと痛感しています。2月に失われていただろう命でした。2月からこのかた、皆さんに支えていただいたからこそ、生きながらえることができたのです。
10月26日に新しい命をいただいたカテンベが、これから、より良い人生を生きていくことができるよう、どうかこれからも見守っていてください。皆様からのご意見をいただけますと幸いに思います。どうかよろしくお願いいたします。
心からの感謝をこめて
早川千晶

*************************************
会計報告11
2006年10月26日付け会計報告

●募金合計金額(日本&ケニア合計)4035IRs + 22.20Singapore$+US$601 + 8,974,796円+33,346ksh (=合計およそ911万円

●9月14日までの支出合計 4,720,4111ksh (8,011,304円

●現在の残金(ケニアと日本で) 4035IRs + 22.20Singapore$+ US$ 4,457+3,852円+7,796ksh +日本の口座の残高
(=合計、現在およそ110万円が残金です。)


******************

●現在の募金状況(2006年10月26日現在)

日本で集まった募金合計 8,400,938円

ケニアで集まった募金合計 4035IRs + 22.20Singapore$+US$601 + 573,858円+33,346ksh

******************
募金状況:期間ごとの内訳

日本での募金
2006年2月20日~2月28日    239,000円
2006年3月1日~3月7日     828,685円
2006年3月8日~3月18日     316,490円
2006年3月19日~3月27日    85,000円
2006年3月28日~4月5日    494,700円
2006年4月6日~4月26日 688,891円
2006年4月27日~5月31日  852,845円
2006年6月1日~6月9日   87,824円
2006年6月10日~6月30日    546,838円
2006年7月1日~7月19日    494,420円
2006年7月20日~9月4日   2,292,275円
2006年9月5日~10月26日   1,473,970円 (日本ツアー2006で集められた分も含む)


ケニア(および日本以外)での募金

2006年2月20日~3月7日 7,000ksh + 30,000円
2006年4月12日 15,000円
2006年4月24日 1,500ksh
2006年4月30日  10,000円
2006年5月20日~25日 US$100 + 6,550ksh + 124,000円
2006年6月27日  10,000ksh
2006年7月 6日   500ksh
2006年8月1日   1,000ksh
2006年8月21日  4035Rs + 22.20Singapore$+US$201+63,146円
        (54回ピースボート募金)
2006年8月21日  117,390円
        (54回ピースボート・チャリティキーホルダー売り上げ)
2006年8月21日  70,470円
        (54回ピースボート・チャリティポストカード売り上げ)
2006年10月20日  143,852円+1796ksh+US$ 300
(日本ツアー2006終了後、基金に振込みができずに現金でケニアに持参した分)
2006年10月26日  5,000ksh (Baba Saidi)


************************

これまでの支出
支出報告10 (9月15日~10月26日)

1)ナイロビ病院へ入金 手術費用デポジット 1,522,030ksh
2)ムウォンゲラ医師への手術費用支払い    250,000ksh

合計 1,772,030ksh


支出報告1  429,493ksh(÷0.60 =715,822円)
支出報告2   79,072ksh(÷0.60=131,787円)
支出報告3   57,423ksh (÷0.58= 99,005円)
支出報告4   43,256ksh (÷0.58= 74,579円)
支出報告5   71,727ksh (÷0.58=123,667円)
支出報告6  108,612ksh(÷0.58=187,262円)
支出報告7  176,193ksh(÷0.58=303,781円)
支出報告8  113,122ksh(÷0.58=195,038円)
支出報告9  162,409ksh(÷0.58=280,016円)
支出報告10  1,707,074ksh (÷0.60=2,845,123円)
支出報告11  1,772,030ksh(÷0.58=3,055,224円

支出累計 4,720,411ksh (8,011,304円)



●前回の報告(会計報告10)で報告したように、前回報告時点でケニア側に預かっている現金の残高は以下でした。
US$13,200 + 1,000ksh

●10月20日に「日本側で集まった募金」から1,742,000円をドルに両替してケニアに持参しました。
1,742,000円÷@121,72円=US$14,311
これに、上記の、ケニア側に預かっていたドルの残金US$ 13,200と、10月に日本からケニアに持って帰ったドル募金US$300を足しました。
US$14,311 + US$13,200+US$300 = US$27,811

このうち、US$ 23,354をケニアシリングに両替しました。
US$ 23,354 X @72.40 = 1,690,830ksh (10月23日両替)
これによって、ケニア側で預かっているドルの残金は、US$ 4,457になりました。

●「ケニアで集まった募金」573,858円のうち、会計報告10で報告したように、7月と8月に430,006円をケニアシリングに両替し、病院代のデポジットとして支払いしました。そのあとの残金より、10月23日に14万円をケニアシリングに両替しました。
140,000円X@0.58=81,200ksh
これによって、ケニア側で預かっている日本円の残金は、3,852円となりました。

●会計報告10で報告したように、前回報告時点でケニア側で預かっているケニアシリングの残金は1000ksh でした。そこに今回入金のあった6,796kshを足しました。現在のケニアシリング残高は、7,796ksh です。

●以上により、10月26日現在、ケニア側で預かっている現金の残高は以下の通りです。
US$ 4,457+3,852円+7,796ksh +4035IRs + 22.20Singapore$
[PR]
by keep_music | 2006-11-04 02:18 | 会計報告
<< 経過報告 2006/11/10 2006 年11月2日 手術後... >>