カテンベからのメッセージ
「ぼくの名前はジュマ・ハミスィ・カテンベといいます。
ミリティーニ・プライマリー・スクールの5年生です。
でも、病気のため、だいぶ前に学校に行けなくなりました。
そのころ、勉強していても足に力がはいらなくなり、体がおもく感じましたが、自分がじんぞう病だとはまだ知りませんでした。
それから友達といろんな遊びができなくなって、そしておなかの痛みが始まって、病院に運ばれ手術を受けました。手術がおわって、病院をでて、家に帰りましたが、5カ月たって、足がはれて、顔もはれて、そして歩くことができなくなりました。
もし病気がなおったら、学校にもどって勉強を続けたり、友達と遊んだり、サッカーしたり、歌ったり、センゲーニャを踊ったりしたいです。」

[PR]
by keep_music | 2006-02-26 13:02 | カテンベからのメッセージ
<< 経過報告 2006/3/1 近況報告 2006/2/23 >>